So-net無料ブログ作成
検索選択

がんこな足のむくみ

私は、なかなかの「むくみ足」です。
靴下のゴムの跡は、誰でも「クッキリと残るもの」だと思っていました。
そうではない、と知ったのは、鍼灸学校に入ってからでした。

鍼灸学校の実技の時間では、ペアを組んでお互いに治療するのですが、
いろんな人の体表観察をしていくうちに、
「どうも自分の足はかなりむくんでいるらしい・・」
という事に気づきました。
「靴下のゴムの跡が残るのは、当たり前ではなかったのか!!」
びっくり。

=====
むくみが顕著にとれたのは、かの「澤田流太極療法」を行った時でした。
1週間の間で2~3回施灸をすると、ゴムの溝跡が消えていました。
ただ・・「太極療法」はお腹と手足と背中にお灸をせねばなりません。
自分自身で治療するのは難しい・・

くるぶしの上にある「復溜」というつぼの点灸が良いと、
勧められた事もありましたが、私には少し効果が弱いように思われました。
回数など工夫が必要かもしれません・・

足のむくみも、日常生活に影響があるほどではない為、わすれがち。
特にここ半年程、自分の治療など、「ほっぽって」いました。

年明けから新たに、自分の治療を再開。
1週間で1~2回の経絡治療で全身調整。
すると・・・ゴムの溝跡が消えてまいりました!
向こうずねを押すと、へこんだ跡が戻ってこなかった、
私の足を知っている人は皆、驚きます。

私は、日々1万歩は歩きます。決して、運動不足ではありません。
健康診断の検査の数値も正常です。
なのに、むくんでいました。
「いやー、気も血もめぐっていなかったねー、ごめんねー」と、
自分の身体にごめんなさい、です。
全身調整は大切・・

昔ながらのお灸とはり 大阪・四ツ橋の隠れ家鍼灸院
新しいものはもう古い。古いものは新しい。

> [鍼灸]
TOPに戻る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。