So-net無料ブログ作成

引き続き、森本式てい鍼

もうねー、かわいくって仕方ありません、
「森本式てい鍼」が・・

この鍼が来てから、ウキウキワクワク、
小さな変化が起きているのを感じます。
何か自分の中で、ひとつ「駒を進めたぞ」という感覚。

=====
具体的には・・
「こんな場面で使ってみよう」とか
「こんな治療にはどうだろうか」といった、
様々なアイデアが浮かぶ事が楽しいのですけどね。

私は「長柄鍼」という、ちょっと特殊な鍼を使っています。
鍼には、鍼柄(しんぺい)と呼ばれる、取手の部分がありますが、
その、鍼柄部分が通常よりも長いのです。

通常の鍼柄は、およそ鍼全体の長さの3分の1ほどの長さです。
長柄鍼は、およそ鍼全体の長さの2分の1が、鍼柄となります。

どのメーカーでも製造しているわけではないし、
どの代理店でも取り扱っているわけではない、という曲者です。

だからこそ余計に、「もし手にはいらなくなったら・・」
と考えてしまうのかもしれません(- -;)

で、この、特殊な、曲者な、「長柄鍼」のフォルムに、
とっても似ていたのが・・・・

そう、この「森本式てい鍼」なのでしたー!!!
森本式てい鍼は、およそ鍼全体の長さの5分の3が、鍼柄となります。
よーくみると、かすかに太い部分とわずかに細い部分があります!
そういう目で見直してみると・・・似てるでしょ?

DSC03076.JPG

一番下が「長柄鍼」、真ん中が「森本式てい鍼」

ごう鍼の中でもレアな「長柄鍼」と、
てい鍼の中でもレアな「森本式てい鍼」との出会い・・
私の手元にくるべき運命だったのです、この「森本式てい鍼」は。

道具と仲良くなるのは大切な事。
道具と一心同体になる事が、最も望ましい。

「バットやグローブは道具ではなく自分の一部」
とイチロー選手も言っています!

この鍼とは仲良くなれそうな予感がする。
片思いで終わらぬように・・・


昔ながらのお灸とはり 四ツ橋の隠れ家鍼灸院
新しいものはもう古い。古いものは新しい。

> [鍼灸]
TOPに戻る