So-net無料ブログ作成
検索選択

道具の背景

先日の、灸頭鍼の話題で登場しました「炭化艾」という製品。

もしも、この「炭化艾」というものが、
この「炭化艾」というものだけが「単独」で、
後の世で発見されたとしたら・・・

そんなSFを想像しました(^^)

=====
その昔「炭化艾」というものがあった。
鍼の先にとりつけ、火をつけて使用したらしい・・となり、

なにやら炭状のものを練り固めてつくるようである。
その炭状の何かに薬効成分があるのかもしれない・・となり、

炭状の何かとは何ぞや、という研究が、
猛烈になされるかもしれません・・

でも実情は、当時の住宅事情に合わせ、
煙の出ない製品として開発されたというだけで、
煙の出る「灸頭鍼」というものが、本来の姿でした。

炭状の何かを研究しても、あまり意味はないのです。

・・まわりくどくて、申し訳ありません(ーー;)

道具治療法の生まれた時代背景は大切である」
と、それが言いたいのであります。

石から始まった鍼の歴史。
鉄の登場で、一気に、鍼は躍進をとげました。

時代は変わり、国は変わり、
釘のような鍼から、髪の毛のような鍼まで、
それはそれは、多様に進化をしています。

道具の変化は、治療法の変化でもあります。
治療法の変化は、病態の変化でもあります。

それぞれの道具の生まれた背景(とその意味)を、
自分の頭で(身体で)理解していかねばならない、と思います。


昔ながらのお灸とはり 四ツ橋の隠れ家鍼灸院
新しいものはもう古い。古いものは新しい。

> [鍼灸]
TOPに戻る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。