So-net無料ブログ作成
検索選択

白きくらげのデザート

白きくらげ(銀耳ぎんじ)のデザートを作りました。

昨年のちょうど今頃、北京へ「鍼灸研修」に行って参りましたが、
その時、買って帰ったもの・・

大丈夫、賞味期限内です。乾物だし。

北京の屋台で、白きくらげのジュースを飲んだのですが、
薄味好きの私には、ぴったりの、優しい味でした。

=====
白きくらげと、梨の煮たのが一切れ入っている、
薄甘い、シロップみたいな飲み物。

かなり薄味で、味見した友人は「もひとつ」という顔でしたが・・


大根の炊合わせみたいに写りました
130324_141436.JPG

実際はもっと白いんですけどね
130324_141732.JPG

何もなければ、シロップだけで作ろうと思っていましたが、
リンゴがあったので、リンゴを使うことにしました。
柑橘系でもいいと思います。
少しの「酸味」がポイントでしょう!

乾燥白きくらげを、お湯で戻すこと、10分~20分。
戻した湯を捨てて水で洗うこと、3~4回。
水を切ってザルにおいておく。

リンゴを小さめに切る。(1~2センチ角)
小鍋にリンゴを入れ、水をいれ、火にかける。
リンゴが柔らかくなってきたら、メイプルシロップを適量入れる。
シナモンパウダーも適量入れる。
少し煮立て、全体が馴染んだら、白きくらげを入れる。

温かくても、冷ましても、おいしいです。

ひらひらの白い部分は、デザート用に、
付け根の固い部分は、みそ汁の具にしました。

北京の思い出に浸れました~♪


昔ながらのお灸とはり 大阪・四ツ橋の隠れ家鍼灸院
新しいものはもう古い。古いものは新しい。

> [食]
TOPに戻る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。