So-net無料ブログ作成
検索選択

鍼灸治療と料理

「鍼灸治療料理と似ている」ということばを、
恩師の先生から聞いた事がある。

そう話された先生ご自身、お料理がお上手だった。

=====

一番のお弟子さんを「あの人は料理も上手」と、
ほめていらしたのを聞いた事もある。

確かに、その一番弟子の方にいれて頂いたお茶は美味しかった。
他の方にいれて頂いたお茶は「あれ?」という味だった。
同じ茶葉だと思うのだけれど・・・・・

最後に追加した1本の鍼が、余計であったりする事もある。
最後のひとつまみの塩が、多かったように。

あれ?と思って、調味料を足していくと、
何が何やら分からなくなる。

治療も、あれ?と思って深追いすると、
何が何やら分からなくなる事もある。

「全体のバランスをみる」ことが大事。
「ほどよい加減、いい塩梅、を知る」ことが大事。
たしかに、鍼灸治療は料理と似ているところがあると思う。

昔ながらのお灸とはり 四ツ橋の隠れ家鍼灸院
新しいものはもう古い。古いものは新しい。


> [随感]
TOPに戻る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。