So-net無料ブログ作成
検索選択

陰陽五行の尻尾を掴む

子供の頃は、いつも季節の真っ只中にいたように思います。

春なら春を、夏なら夏を、存分に満喫し、
秋がきたら秋を感じ、冬がきたら冬がきたなと思う、
そんなふうに、季節と平行して歩んでいたと思います。

=====

大人になると、いつの頃からか、季節の先をみるようになりました。

春なら夏を、夏なら秋を、感じます。
秋がくるころには冬の匂いがするし、冬には春の景色がみえます。


「陰陽五行」とは・・・

森羅万象を「陰陽」と「五行」という物差しで、
捉えてみようとする理論のことです。

それはあくまでも理論であり、枠組みであり、
ひとつのものの見方です。

中国伝統医学は、この「陰陽五行」の理論にのっとって、
人間の身体を紐解いていきます。

そうした、中国伝統医学の枠組みについて学ぶ以前は、
季節を先取りする感覚について、深く考えていませんでした。

「陰陽五行」的に季節をみると、
春の盛りで、夏が生まれることになります。

春が頂点を極めると、そこから衰退が始まります。
栄耀栄華は続かないのです。

見た目は、まだ、春ですが、
夏が生まれ成長をし始めています。

そう考えると・・・春に夏を感じる感覚は、
正しく夏の気をキャッチしていることになりますね♪

ということに気づいたのは、つい最近です。

「陰陽五行」の文字面をいくら見ていても、
なかなか、それ以上のものにはなりません。

どんなに小さくても「あ、こういうことかな?」
と実感することがあれば、言葉も立体的になって楽しいです。

季節先取り、楽しいですよ~。

昔ながらのお灸とはり 四ツ橋の隠れ家鍼灸院
新しいものはもう古い。古いものは新しい。

> [随感]
TOPに戻る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。