So-net無料ブログ作成
検索選択

大阪の街が嫌いでした

大阪の街が嫌いな時期がありました。

大阪の中心であるミナミもキタも、およそ都市計画などとは無縁な感じで、
お店でもビルでもマンションでも、街の景観や調和など一切考慮せず、
それぞれが勝手に自分を主張している。
そういったごみごみとした、大阪の街が嫌いでした。

=====

その頃は、ヨーロッパの街にあこがれてました。
ウィーンでは、景観に溶け込んだご当地仕様のマクドナルドに感動しました。
パリの公園は、美術館のように美しい彫像が並んでいたし、
無印良品MUJIも、やはり景観に溶け込んでいました。

大阪も、御堂筋や中之島あたりの美しさはよく言われます。
古き面影を残す通りも、たくさんあると思います。
ですが、通り1本、筋1本違えると、もう世界は変わります。
街全体としての一貫性がない。

そんなこんなで、無性にヨーロッパの古い街並みに憧れた時期がありましたが、
いつの頃からか、その考えが変わってきました。

確かに、ヨーロッパの人は自国の建築文化といったものを、
大切にしているかもしれないけれども、それはある意味「執着」かもしれない。

日本の建築は、石ではなく木が中心だから、そもそも儚い。
おまけに、常に地震や台風といった自然災害にさらされている。

壊れていく建物にアイデンティティを投影するような「ケチな」発想はないのでは?
だから街の景観云々にもこだわりがなく「なんでもあり」なのでは?

と、大阪の街を肯定的に捉えてみようと思うようになりました。
発想の飛躍はあるけれど、あながち間違っていないと思います。

ごみごみした大阪の街ですが、いたるところに公園があり、桜があります。
桜の下には提灯がぶらさがり、お花見が繰り広げられます。
我々のアイデンティティは、こういった自然によって守られているのだな、
と思うようになりました。

日本は四季の変化が美しい国です。
春の桜、夏の花火、秋の紅葉、冬の雪、とそれらを生活の中で楽しむ国民性です。

人間の作り出した建造物など、しょせん自然の前ではちっぽけなものだ。
そんなちっぽけなものに、こだわりを見せても仕方がない。
なんでもありでええじゃないか、と。

街の景観などより、街から桜がなくなることの方が大問題かもしれません!

今は、大阪の街が好きです。
食べ物は安くておいしいし、お買い物するには困りません。
やはり、住めば都ですよ。

昔ながらのお灸とはり 四ツ橋の隠れ家鍼灸院
新しいものはもう古い。古いものは新しい。

> [随感]
TOPに戻る