So-net無料ブログ作成
検索選択

遊び心もないとね

原子を1つずつ動かすことで制作された
「世界一小さなアニメーション動画」が完成し、
ギネス世界記録に認定されたそうです!
IBMの科学者達が制作したもので、題名は「少年と原子」。

少年がボールやトランポリンを使って遊ぶ様子を描いた動画で、
絵を構成する1つ1つの点が原子なのです。
小さな丸をつなげた、影絵のアニメーションのようでした。

=====

撮影に使われたのはIBMが開発した「走査型トンネル顕微鏡」。
この顕微鏡は「世界で初めて原子一つ一つの可視化を可能にした装置」で、
発明者にはノーベル賞が授与されているもの。
重さは2トンあり、物体を10億倍まで拡大可能。

4万分の1ミリの大きさの銅で作られた背景の上で、
この顕微鏡の鋭い探針を銅の表面に沿って操作し、
原子や分子を引き寄せて動かし、1コマずつ撮影。

常温だと原子が動くため、
背景の銅板はマイナス268度にまで冷やされたそうです。

この動画は、原子を使った記録媒体を研究する過程で、
4人の研究者が2週間をかけて制作したもの。
ギネス記録への挑戦が本分なはずはなく・・
研究の合間の息抜き(?)と技術のPRを兼ねて、という事ですね!

10億倍・・4万分の1ミリ・・マイナス268度・・
想像を絶する世界です!

最新鋭の化学技術と巨大装置を集結させて向かった先が、
0.00000001cmの小さな世界なんて、
よくよく考えたらおもしろいですね。

より小さな物を見るために、より大きな物が必要だという事が、
おもしろいなあと思います。

昔ながらのお灸とはり 四ツ橋の隠れ家鍼灸院
新しいものはもう古い。古いものは新しい。

> [自然科学]
TOPに戻る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。