So-net無料ブログ作成
検索選択

とても贅沢な解体工事

通勤路であるアメリカ村のとある一角で、
1ヶ月以上かけてビルの解体工事が行われていました。

元は10階建てくらいのビルだったでしょうか?
いや15階以上かな?覚えてないものですねぇ・・
長い時間をかけていましたから、そこそこ高かったはずです。

=====

解体工事は実にゆっくりと静かに行われていました。
隣のビルはそのまま通常営業です。
周囲に影響を与えないようにそのビルだけを解体せねばなりません。

解体作業は周囲に粉塵が飛び散らないように、
水を噴射しながら行われていました。
ビルは、大きなホースで水をかけられながらゆっくり崩されていきました。

世界中で水不足が叫ばれている昨今、
日本の一角ではビルの解体工事に大量の水が放出されている・・

日本には水があふれているなあ、としみじみ思いました。

昔ながらのお灸とはり 四ツ橋の隠れ家鍼灸院
新しいものはもう古い。古いものは新しい。

> [通勤路]
TOPに戻る