So-net無料ブログ作成
検索選択

高残香性柔軟剤で体調不良

柔軟剤の香りで体調不良を訴える人が増えているそうです。

=====
国民生活センターによると、柔軟剤の香りで
「鼻やのどが痛くなる」「気分が悪くなる」という相談は、
2012年は48件と、09年の5件から急増。

最近の柔軟剤は香りが長く続く「高残香」タイプの製品が人気だが、
関係者は過度の使用に注意を呼びかけている。
=====

神奈川県が11年、国内外の柔軟剤15点を、
洗濯時の濃度に薄めて香りを調べたところ、
香りの強さを示す臭気指数は、大半の製品で、
県が定める住宅地での工場排水の規制値並みだった。
=====

化学物質過敏症の人だと、電車やバスの中や隣の家などから来る、
柔軟剤の香りに対して体調不良を訴えるケースもあるそうです。

食器用洗剤でも、強烈に香りの残るものもあります。
洗剤をすすいでも、いつまでも香りが残るというものです。

食器に香りは不要だろうと思いますが・・

感覚は刺激に対して鈍くなっていきますから、
より強烈な香りを求めるようになるのでしょう。

もともとは「石けんのほのかな香り」が心地よかったはずなのが、
「ほのかな香り」がずっと継続する事を求めるようになり、

継続させる為にはもはや「ほのかな香り」ではなくなり、
結果、工場排水並の科学物質まみれとなっていく・・・

消えていくからこその「ほのかな香り」なのでは?

化粧品をつけない「肌断食」がいわれるように、
香りをかがない「鼻断食」も必要かも・・・・・

昔ながらのお灸とはり 大阪・四ツ橋の隠れ家鍼灸院
新しいものはもう古い。古いものは新しい。

> [社会・健康]
TOPに戻る