So-net無料ブログ作成
検索選択

食品アレルギー表示にゴマとカシューナッツ追加

アレルギーを引き起こすおそれがある食品の表示について、
新たにゴマとカシューナッツが、加えられることになりました。
=====

厚生労働省では、食物アレルギーの原因となる食物を調査し、
平成13年より、発症件数が多いものや、発症した際の症状が重いものについて、
食品に使用した場合の表示を食品衛生法上義務付けました。

<食品衛生法で表示義務となっている7品目>
卵、小麦、落花生、乳製品、そば、エビ、カニ

<任意表示となってる18品目>
あわび、いか、いくら、オレンジキウイフルーツ
牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、
豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、

~以上、厚生労働省HPより~

この任意表示の18食品に、新たにごまとカシューナッツが加えられる事が、
消費者委員会の部会で決まりました。

栄養価が豊富で健康に良いということで、
国内のごまの消費量は年々増え続けているようです。

おととしの輸入量は、16万4000トンで、
この20年間で1.5倍ということです。

加工食品に使用されているものも多そうです。
タレやドレッシングお菓子などなど・・

「消費量がアップする→安く大量に生産しなければならない」と考えると、

食品そのものへのアレルギーというよりも、
大量生産の裏にある、農産物の残留農薬や、
家畜の合成飼料に対するアレルギーが多いのではないかと思います。

=====

完全な自給自足でもないかぎり、
様々な食品の害からは逃れることができません。

自然で身体に良い物を揃えようとすると、
お金がかかって仕方がありません。庶民には限界が御座います(T△T)

出来るだけ「添加物や保存料の少ない物」「産地のわかる物」
「材料がシンプルな物」といったものを選んでいくのみです。

あと出来ることは・・「解毒」ですね。
体内の「解毒工場」である肝臓をいじめないこと!

それと・・・お白湯を飲んで、毒素を対外へ出すこと!
お白湯は熱くても冷たくても身体の負担になりますから、
常温~温かいくらいのもので・・

昔ながらのお灸とはり 四ツ橋の隠れ家鍼灸院
新しいものはもう古い。古いものは新しい。

> [社会・健康]
TOPに戻る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。