So-net無料ブログ作成
検索選択

お香の扉が開く その2

以前ご紹介した「中国香」の魅力について、
もう少し説明を加えてみます。

一体どこに惚れ込んでしまったのか?

=====
日本のお香は「雅」な感じ。
様々な香料が調合された複雑な重層的な香りがする。

中国のお香は「素直」な感じ。
白檀ならば白檀、沈香ならば沈香、と、
その香木自体のシンプルでストレートな香りがする。

子供の頃、母の箪笥の中に、
白檀の扇子を見つけた事がありましたが・・
あの白檀の扇子を燃やしたらこんなかな、と思いました。

技を凝らした「雅」を愛するか、
「シンプルイズベスト」を愛するか・・

人の好みは様々だと思いますが、
例えばこんな人なら「中国香」が好きになるかも・・

端麗な純米大吟醸酒よりは、
どっしりした純米酒が好きな人。

・・・うーん、酒飲みにしか通じませんね。

元の材料がわからない程、変身をとげた料理よりは、
元の材料がよくわかる、素材を生かした料理が好きな人。

・・・これならわかって頂けるかな。

余計なものは一切いらない。
白檀そのもの、沈香そのものを感じたいという人は、
はまってしまうかもしれません(^^)

===
あと、このお店のファンになった理由として、
「梱包の丁寧さ」が御座います。

外箱から、商品一つ一つの細部に至るまで、
この見事なテープの端処理!!
20140930-1.JPG
20140930-2.JPG
初めて見た時はちょっと感動致しました。

こんな優しい店長が選び抜かれたものだから、
お香達も優しい粒揃いなのでしょう、きっと。

いやほんと、ビギナーズラックでした♪

お香の扉が開く
http://you-sinkyu.blog.so-net.ne.jp/2014-09-04


 <葉鍼灸院HPはこちら>
昔ながらのお灸とはり 大阪市西区四ツ橋 女性の為の隠れ家鍼灸院
 <こころ、からだ、鍼灸医学、あれこれ考えるblogはこちら>
新しいものはもう古い。古いものは新しい。


> [お気に入り]
TOPに戻る