So-net無料ブログ作成

中国茶の思い出 その5

白茶と紅茶に出会って以来、
すっかり中国茶のファンになりましたが、
もうひとつ強烈な出会いがありました。

桜川のターメリーというお店で出会った、
40年もののプーアール茶です。

=====
友人に連れられ訪れたターメリーというお店。
日本茶、紅茶、中国茶、と幅広い品揃え。

その日は時間も遅く他のお客様もいなかったので、
マスターがみっちりつきっきりで、
お茶を煎れて下さいました。

とてもとても珍しい、
40年もののプーアール茶を勧めて頂きました。

プーアール茶は発酵茶ですから保存がきき、
10年もの、20年もの、とワインのように価値が上がります。

40年前の茶葉は野生のとても質の良いもので、
当時作られたプーアール茶も、
とても品質の良いものだそうです。

ですが今や現存するものはあまりなく、
あれば高値で取引されるという貴重品に。。

なにゆえそんな珍しいものがここにあるのか?
ラッフルズホテルから紆余曲折を経て、
マスターの手元へ渡るまでのその茶葉の数機な運命を、
聞かせて頂いたのですが・・・

ほぼ忘れました。。
3年前だし。。すみません。。
とにかく、どえらい珍しい貴重な茶葉だという事です!


その味は、本当に不思議でした。

そのプーアール茶だけで、
1時間以上はお茶を飲んでいたと思います。

40煎は頂きました。

40煎ですよっ!!

さすが40年ものは40煎くらいいっちゃうんですねー。

40煎の味の変化はそれは凄かったです。
マスターが煎れて下さったからこそ、でしょうが。。

プーアール茶かと思えば後から紅茶の味に変わり、
紅茶かと思えばあとから緑茶も顔を出し、
緑茶かと思えばやはりプーアール茶の味がして・・・

茶葉の歩んだ時間をそのまま旅するような感じでした。

時間すらも飛び越えるお茶。
深い。深すぎる。中国茶。

(つづく)

 <葉鍼灸院HPはこちら>
昔ながらのお灸とはり 大阪市西区四ツ橋 女性の為の隠れ家鍼灸院
 <こころ、からだ、鍼灸医学、あれこれ考えるblogはこちら>
新しいものはもう古い。古いものは新しい。

> [養生茶講座]
TOPに戻る