So-net無料ブログ作成
検索選択
自然科学 ブログトップ

イグ・ノーベル賞、今年も日本人受賞

アメリカマサチューセッツ州のハーバード大学にて、12日、
2013年イグ・ノーベル賞授賞式が行われました。

「イグ・ノーベル賞」は1991年にノーベル賞のパロディーとして創設。
ちょっと笑えて、そして考えさせる、というユニークな研究に贈られます。

続きを読む


> [自然科学]

遊び心もないとね

原子を1つずつ動かすことで制作された
「世界一小さなアニメーション動画」が完成し、
ギネス世界記録に認定されたそうです!
IBMの科学者達が制作したもので、題名は「少年と原子」。

少年がボールやトランポリンを使って遊ぶ様子を描いた動画で、
絵を構成する1つ1つの点が原子なのです。
小さな丸をつなげた、影絵のアニメーションのようでした。

続きを読む


> [自然科学]

天の川に導かれるフンコロガシ

「フンコロガシは、天の川の光を頼りにまっすぐにふんを転がす」
という研究結果が、25日米科学誌カレント・バイオロジーに、
発表されたそうです。

プラネタリウムで夜の空を再現し、その行動を観察したところ、
脳が小さく、視力の弱いフンコロガシが、
天の川の星々の光を頼りに、まっすぐ進み、

ふんを奪い合うライバルのいる場所に、
円を描いて戻らないように移動していることが判明したそうです。

フンコロガシは、人工の光よりも、太陽、月、銀河の光を好むそうで、
また、フンコロガシにとっては、天体は動いていないように見える為、
固定された基準点になるそうです。。

アザラシや一部の鳥や人間が、星を道しるべにすることは、
従来から知られていたようですが、天の川を手掛かりにすることが、
報告されたのは、フンコロガシが初めて、ということです。

視力が弱くても、星の光を頼りに出来るのですね、凄いなー!
それともまた、何か他の情報もキャッチしているのかな?

南方熊楠先生は菌の研究をされました。
養老孟司先生は虫を採集されました。

小さな生き物の中にこそ、未発見の生命の神秘が、
最もシンプルな形で、表現されているのかもしれないですね!

一寸の虫にも五分の魂・・・
天の星に導かれるフンコロガシ・・ロマンです~

新しいものはもう古い。古いものは新しい。
こころとからだに優しい鍼灸治療 葉鍼灸院
> [自然科学]
自然科学 ブログトップ
TOPに戻る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。